スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近は見かけなくなったどんど焼き

小正月行事のひとつとして、全国のあちらこちらで毎年1月14日(または15日)に開催される左義長。

もともとは道祖神の祭りで、田畑や浜辺で竹を組み合わせて簡単な塔を作り、そこに地域の人々が正月飾りなどを持ち寄って燃やしたのがはじまり。

この火で焼いた団子や餅を食べると、無病息災で1年間過ごすことができる、と考えられているそうだ。

東京では江戸時代に火災防止のため禁止されて以来、左義長は行われていないらしい。

ニュースによれば、大磯や二宮では左義長ではなく"どんど焼き"という呼び方らしい。


岡山でも、宗忠神社恒例の「どんど祭」が有名です。

正月の松飾りやしめ縄、書き初め作品などを焼いて今年の無病息災を祈るというもの。

同神社では、123年前から続く神事だということ。

このような大規模なものではないが、私たちの住んでいた田舎でも、15日朝に近所の川原に集まって、書初めとか焼いたなあ! 

お餅も焼いて食べたなあ!

懐かしい田舎の行事がだんだんなくなることは、寂しいことです。


大磯町の勇壮な火祭りで無病息災を願う(マイコンジャーナル)

どんど祭:炎に無病息災祈る--岡山・宗忠神社 /岡山(Yahoo!ニュース)

スポンサーサイト

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : どんど焼き 左義長

ひけたブリ生け締め時刻表示へ-全国初

ひけた鰤(ぶり)といえば、ハマチ海面養殖発祥の地、東かがわ市の地域ブランドにしようと、ブリを天然の海に近い状態で育てたブリをいう。

ここでは、通常のいけすと比べて10倍以上の容積を持つ独自のいけす(約25メートル四方で深さ20メートル以上)を使って育てているらしい。

このぶり安心して味わってもらおうと、引田漁協は11日、三越高松店で、生け締め時刻を表示して販売する全国初の試みを始めたということ。

ただし、14日まで。好評なら来シーズン以降も継続する。
生け締めは、活魚の鮮度を保つためエラと尾の部分に包丁を入れ血抜きすること。
生け締め時刻を表示することで、どれだけ消費者に新鮮さをアピールできるかを探るため試験販売を決めたということ。

生け締め時刻を表示することは、大変だろうが、他と差別化し、新鮮さをアピールしようとの試み。

このような試みが定着するかどうかは、本物を見分けられる“消費者の舌”にかかっている! 

ひけた鰤、新鮮さPR 全国初の生け締め時刻表示  東かがわ・引田漁協 高松で試験販売 (山陽新聞 WEB NEWS)


ブリ(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

テーマ : 食に関するニュース - ジャンル : ニュース

タグ : ひけた鰤 東かがわ 生け締め

ご当地バーガー続々と誕生

地元産の野菜や肉、海産物をふんだんに使った“ご当地バーガー”が岡山県内で相次いで誕生している。

地産地消の推進にも一役買っており、製造・販売業者は新たな名物として定着を目指す。

イオンモール倉敷で、昨年11月、「倉敷バーガー」(580円から)が売り出された。
地元連島産レンコンのピクルスや桃太郎トマト、県産豚のベーコンなどを、白壁をイメージした白いパンではさむ。

さらに、蒜山高原のジャージー牛の肉を使った「ひるぜんバーガー」は昨年10月、米子自動車道下り蒜山サービスエリアのレストランで、運営会社の下津井電鉄が発売した。
460円から。「これ目当てにわざわざ立ち寄る観光客もいる」ということ。
1日50個限定。

また、瀬戸内の海の幸を生かした「牛窓バーガー」(350円)を開発したのは、海産加工品生産販売の中光商店。
ハンバーグの代わりに、地魚のすり身でむきエビをまとめ、アキアミの衣で揚げた天ぷらを使った。

全国的には、米国海軍基地の「佐世保バーガー」(長崎県)の人気で注目度が高まったご当地バーガー。

最近、カキオコブームで人が多くてなかなか店に行けない日生ですが。
日生町寒河の洋食店「快食屋くじらぐも」が日生で水揚げされたカキをふんだんに使った「カキのグラコロバーガー」を開発したということ(昨年、11月頃のこと)。
カキ入りのクリームコロッケをカレーソースで味付け、ライスで挟んだ。
果たしてカキオコに続く新名物となれるかな?

1個500円ということ、食べたいです。

岡山産のバーガーがどこまで定着し、残れるか今後が楽しみですね!


岡山県内で“ご当地バーガー”続々 新名物へ定着目指す(山陽新聞NWS)


食感楽しいカキバーガー 日生の洋食店が“新名物”開発(山陽新聞NWS)

テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

タグ : ご当地バーガー 岡山県

修学旅行で山村体験

美作市にある山村体験学習施設“さくとう山の学校”に17日、修学旅行中の専修大学松戸高校(千葉県松戸市)の2年生が訪れ、シイタケ菌の植え付け作業や、もちつき、バーベキューなどを体験し、自然と触れ合ったらしい。

同校は16日から3泊4日の予定で、広島、倉敷、神戸市など西日本各地を訪問。

この日、山の学校を訪れたのは、美作市と兵庫県姫路市の観光コースを選んだ生徒約100人だ。

地元の体験学習指導員10人から出迎えを受けた生徒たちは早速、グラウンドで長さ約30センチのほだ木に電気ドリルで10カ所前後の穴を開け、中にシイタケ菌を埋め込む作業に挑戦したり、約30キロのもち米を使って、もちをついたり、楽しんだということ。


さくとう山の学校は、岡山県の北東部に位置する美作市にある。

中国自動車道作東インターから車で15分という場所だ。ジャガイモ、サツマイモ収穫などの農業体験やそば打ちなどが体験できるらしい。

都会で暮らす子供たちには、テーマパークなどで遊ぶより魅力的なんじゃないかな?


修学旅行で山村体験 千葉の高校生ら、さくとう山の学校訪問(山陽新聞NWS)


さくとう山の学校 体験メニュー

テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

タグ : さくとう山の学校 修学旅行

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。