スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らしの準備_体験宿泊

四国新聞(2007.10.8)に田舎暮らしを楽しもう-塩江体験宿泊施設開設へという記事が掲載されていた。

記事によれば、香川県高松市塩江町の地域活性化に取り組むNPO法人しおのえが団塊世代向けの長期滞在型体験宿泊施設「セカンドステージ」を来春オープンするというものだった。
塩江町の高級リゾートホテルの跡地を買い取り、改築するとともに、周辺に田畑、ビニールハウス、牧場や工房を約2億円かけて整備したらしい。
敷地の広さは約3万2千平方メートル
建物は鉄筋コンクリート7階建ての本館と同3階建ての別館
(合計 65の客室)
滞在費は夫婦2人で月額20万円程度(見込み)

利用者は、1カ月単位で客室に入居し、他の利用者らとともに農作業などに従事する。
さらに、陶芸や木工、竹細工などを学ぶこともできる。
また、日々の活動と併せて、地域イベントへの参加を義務付けるらしい。
 
この記事を読み、団塊の世代の大量退職を迎え、第二の人生を田舎で暮らしたいという人々と高齢化、過疎化に窮している田舎で暮らす人のニーズが合致し、少しでも地方の活力になればと思いました。

岡山で暮らす私も塩江といえば、温泉が先ず思い当たります。
塩江温泉郷は約1200年前に行基(僧)によって発見されたと伝えられ、「讃岐の奥座敷」として古くから知られている温泉です。
泉質は単純硫化水素泉で、神経痛、皮膚病、糖尿病などに効能があるらしい。

これからの紅葉シーズンには自然とふれあうことができる場所ですよ!
温泉と紅葉は、どうですか?

田舎暮らしを楽しもう-塩江に体験宿泊施設開設へ(四国新聞社)

塩江温泉(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

塩江温泉(BIGLOBEトラベル)

のぼせぼんWeb (香川版)日帰り入浴情報
スポンサーサイト

テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

タグ : 体験宿泊施設 塩江 田舎暮らしの準備

「沖縄県、移住人気の苦悩」について思うこと

日経ネットPlus_グローカルViewに「沖縄県、移住人気ナンバーワンの苦悩」というタイトルの記事が掲載されていた。
記事の内容は、沖縄の人口は本土復帰35年で43%も増加(出生率による自然増も含まれているが)し、最近の転入者は年間2万5000人程度で推移しており、そのことによる弊害も数多くあるというものだった。

移住ビジネスは活況だが、開発による自然破壊に加え、住民票を移さない「幽霊住民」も多いらしく、元々人口が少ない町などでは、ゴミの収集などコストが嵩み、住民サービスにも影響がでているらしい。

よくテレビなどで、南の島でのセカンドライフのようなテーマで放送されることがあり、暖かい気候と青い海、こんな所でセカンドライフを過ごせればなんて考えた人も多いのでは? 
それに多くの日本人が昔より豊かになり、資産的余裕もできたんじゃないのかな?

一方、対照的に村落の存続すら危ぶまれている限界集落という村もあり、なんか、もっと均等にならないのかなと考える今日この頃です。
特に、中国四国地方には、このような村落が多いらしい。

その様な中で、町ぐるみで努力と工夫をし、高齢者がイキイキと暮らせる町を目指した徳島県上勝町の「葉っぱビジネス」は、素晴らしい。

やはり、元気で暮らせる村落にするには、ビジネスが起せるかどうか!

沖縄県、移住人気ナンバーワンの苦悩(日経ネットPlus)


限界集落(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)


山間の町を元気にした「葉っぱビジネス」(日経デジタルコア・CANフォーラム共同企画)

テーマ : 日々のできごと - ジャンル : ライフ

タグ : 移住

第353回「食欲の秋!自分で作るならどんなメニュー?」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。
今日のテーマは、「食欲の秋!自分で作るならどんなメニュー?」です。

ほうじょうさんは、炊き込みご飯ですか。私も似たようなものかもしれませんが、栗ご飯が食べたくなりました。
朝夕は、少し涼しくなり、ホクホクの栗ご飯が美味しいだろうな!
田舎の家にも、栗の木があるのですが、栗を採ることが面倒なんです。特に、イガから中身を取ることも、栗自体を剥くことも‥‥
これって、どうにかなりませんか?

第353回「食欲の秋!自分で作るならどんなメニュー?」

タグ : 栗ご飯

田舎暮らしの準備(その3)

我が家でもよく「次の休みは、山それとも海。」なんて会話があります。
田舎には、中山間部と漁村部があります。
それぞれの遊び方、食べ物、暮らし方などイメージするものが違うと思います。
今回は、漁村に対するホームページを探してみました。
私は、海のそばにいるだけで癒される方なので、飽きずによく眺めています。ただ、そこで暮らすとなると大変なことが多いと思います。特に、自然は、厳しいですからね!
 
ぎょ・ぎょ・ぎょ(漁港漁村ホームページ)

タグ : 田舎暮らしの準備

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。