スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい人生の舞台を求めて

都会の移住希望者に地方の生活条件の情報を提供するNPO法人「ふるさと回帰支援センター」(立松和平理事長)の銀座オフィスがある。

各道県がブースを設けてPR合戦を繰り広げているという。

このセンターは、連合や農協、漁協、森林組合の中央団体などが設立した。
銀座オフィスにブースを設けているのは北海道や宮崎、秋田など7道県と2市、不動産会社と住宅会社2社。

秋田県は2007年度、初めて定住促進策として879万円の予算を計上。
このうち約360万円かけて4月に銀座オフィスにブースを設けた。「日本人の心のふるさと」と書かれたポスターを掲げ、毎週土曜の午後、就職やIターンの相談を受け付ける。

このセンターを通じて、秋田県への移住を決めたのは2件4人。
東京・足立区で建築業を営む田口正夫さん(65)は2009年、妻の道子さん(64)とともに、ふるさとの由利本荘市に帰る予定だとか。

県人会連合会の集まりで、センターを知り、足を運ぶようになった。
将来は、家庭菜園を楽しみながら、のんびり暮らす生活を思い描いているという。

「センターは土地などの不動産物件の資料が豊富で役に立った」と話す。
 県内の市町村は、団塊の世代らの移住志向の高まりを受け、定住促進に向けた取り組みを本格化させている。

県によると、定住支援の施策を進めている市町村は、現在、仙北市や羽後町、美郷町など7市町村ある。

自治体とNPOが一体となって進める定住促進活動が実を結び始めているのが三種町だ。

同町でも今年度初めて、約1000万円の予算を計上。首都圏のふるさと会を通じ、Uターン希望のニーズを把握し、空き家データの収集などで支援を進めている。

07年4月から9月までにふるさと回帰支援センターを訪れた希望者約500人のアンケート調査によると、60歳代が35%で最も多いらしい。
移住希望先は、東北が48%で最多で、次いで関東19%、中部16%。
移住促進に力を入れている福島や千葉、長野の各県に集まる傾向にあるという。

移住先の優先条件は、自然環境が30%、気候19%、住宅17%。希望する土地の条件として家庭菜園のできる広さを挙げたのは48%に上った。

移住して戸惑うのが、地域の祭りや掃除に参加を求められるといった独特の習慣です。
定住促進に取り組むNPOなどの団体が相談に乗ることができればいいと思います。
東京在住の出身者らで作る「東京八竜会」が首都圏でPRし、地元のNPO団体が定住希望者を受け入れる態勢を整えています。
「ふるさと体験ツアー」などが行われるということ。

田舎はますます過疎化が進み、限界集落も多いということ。
移住促進に税金を使ってPRすることも、このような厳しい状況の田舎に対しては、必要不可欠なこと。

田舎の良さを見直し、都会も田舎も発展できればと思いますね。


(ここが新天地)新しい人生の舞台

スポンサーサイト

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 田舎暮らし 秋田県 ふるさと回帰支援センター

2地域居住の情報提供を国交省のサイトで

都会と農山漁村の両方に生活拠点を持つ「2地域居住」を促すため、国土交通省は23日までに“趣味を楽しむ”、“のんびり健康的に過ごす”といった条件を選ぶと、各地の情報が得られるサイトを試験的に立ち上げたということ。

将来は民間に運用を任せる方針だという。

都会の人に“田舎暮らし”を勧めるサイトは数多いが、多くは自治体などが独立して運営している。

このため国交省は、効率的に情報を集められるシステムをつくった。

パターンから選ぶでは、ライフスタイル、住まいなら「空き家・中古住宅」「長期間宿泊できる農家民宿」など、滞在期間なら「ほとんど定住」「毎週末」などの選択肢がある。

登録された自治体などのサイトから該当するものが表示されるという。

一度、検索されて見ては


2地域居住の情報提供 国交省がサイト立ち上げ(中日スポーツ)

「2地域倶楽部」

テーマ : ニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 二地域倶楽部 国土交通省サイト

Iターン田舎暮らし成功の秘訣?-鳥取市

日本海新聞ローカルニュースに先日、掲載された。

田舎暮らしを希望する人は、全国で増えている。

理由は、「定年後を夫婦でゆっくり過ごしたい」「自然豊かな土地で野菜を育てて暮らしたい」とさまざまである。

鳥取県内の各自治体は専門の相談員を置いたり、田舎暮らし体験ツアーを組んだりと呼び込みに躍起だ。

ところが、移り住んだものの、田舎の近所付き合いになじめず帰る例も全国的にはあるということ。

地域の一員として暮らすために必要なことは何か。

岐阜県からIターンした夫婦を追い、成功の秘訣(ひけつ)を探る。

「この十カ月、皆さまにかわいがっていただき、私、そして家内から心よりお礼を申し上げます」

のどかな田園風景が広がる鳥取市用瀬町、家奥の川上四郎さん、政子さん宅。

岐阜県の都市から今年一月に移り住んだということ。

同地区は三十二世帯、約百三十人が暮らす小さな集落。
その一角の家を借り、新生活を始めた川上さん夫婦。
「地区の人と仲良くなるために、催しには進んで参加しよう」と決めていた。

引っ越し後は家々のあいさつ回り。
二、三日すると「一緒に銭太鼓をやりませんか」。
地区の女性から政子さんに声が掛かった。迷わず「行きます」。二月から欠かさず顔を出し、たくさんの友人ができたとか。

一方、地区の男性は農作業や会社勤めに忙しく、定期的に交流する場がなかった。
そこで四郎さんは、世帯主の男性らが地区の問題を話し合う総会に休まず出席。
少しずつ信用を得ようと考えている。
四郎さんは「今は皆さんの考えに耳を傾けている。いつか自分も意見を出して、地区に貢献したい」と目を輝かせる。

当初、地区の住民は川上さん夫婦を受け入れることに戸惑った。
どんな人物か、地区の共同作業ができるのか…。

だが、女性たちが「地区に新しい風が吹き込む」と前向きにとらえ、「地区全体が温かく迎える雰囲気になった」と空き家を提供した森重市さんは話す。

団塊の世代が定年を迎え、多くの方々が田舎暮らしをされることだろう。

田舎では、近所周りが地縁血縁ばかりという所が多く、他人への警戒心も強いと思う。

だからこそ、この川上さんのように、自ら心を開き、積極的に溶け込もうと働きかけることが肝心だろう。


Iターン田舎暮らし バラ?イバラ? 成功の秘訣探る(日本海新聞)

鳥取市不動産(エステートセンター)

鳥取県 鳥取市不動産仲介業サイト


テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

日南町に都会から来た花嫁たち

日本海新聞WEBに町が開いた田舎体験ツアーをきっかけに日南町を訪れ、良き出会いがあったIターン花嫁の記事が掲載さてれた。

ここは、星がきれいで、野菜がおいしく、人情味あふれる町だったということ。

このツアーは現在行われていないらしいが、都会に住む女性たちの田舎暮らしへの関心は高く、再開を望む声が上がっているということ。

同町は、町内独身男性の結婚促進として、関西など県外から独身女性を招き、自然体験などの活動を通じて交流を深める田舎体験ツアー“夢ランド日南”を企画した。このツアーは、2000年を除き、1997年から2003年まで毎年開かれた。

毎回、定員の二十人をほぼ満たす応募があったということ。

現在、このイベントをきっかけに結婚した夫婦七組が、町内で暮らしているらしい。

町の生活に「風景がきれい。新鮮な野菜が食べられる。

周りの人は親切で子どもがのびのびと育てられる」と満足し、「支えてくれるだんなさまもいるし」と幸せそうにほほ笑む。

縁を結んでくれた田舎体験ツアーを「楽しかった」と振り返り、「県外の人が日南町に来られるようなイベントがまたあればいいのに」と話す。

問題は、消極的な町内の独身男性たちだという。

「ノウハウもあるし、いつでも再開できるが、男性側が積極的でない」と参加者確保に難航した当時を思い出して嘆く。

「せっかく機会があっても自分を変えよう、アピールしようという気持ちがないと次につながらない。当事者から盛り上がってほしい」と‥‥‥

純朴な青年の姿を想像するが、やはり、嫁さんがいないと人生計画もたてられないだろう!

ここは、一つ勇気を振り絞ってほしいものだ。


都会から来た花嫁たち 日南の暮らしに「幸せ!!」(日本海新聞WEB)

鳥取県日南町ホームページ

テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

タグ : 日南町 鳥取県 田舎体験ツアー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。