スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

背水の陣

昨日、自民党の福田康夫総裁が衆参両議院の首相指名投票を経て、第91代首相に選ばれ、自民、公明両党による福田連立内閣が事実上、発足した。福田氏は昨夜、首相官邸で記者会見し、自らの内閣を「背水の陣内閣」と位置づけたというニュースがあった。
背水の陣」とは、紀元前200年頃の話である。漢の将軍の韓信が2万の兵を率い、30万を擁する趙を半日で撃破し、その時に取られた奇策である。この奇策は、兵法の常識に反し、川を背に布陣するというものである。これによって退路を断ち、兵に決死の覚悟で戦いに臨ませ、そこに勝機を見出すのである。
福田首相にも、是非、そういう意気込みで望んでもらいたい。このままでは、明日の自民党がないだけではなく、明日の日本がないと思う。
私も含め地方に暮らす多くの方々は随分長いこと、低迷する地方経済の中で、わずかな希望の光を求めて生きてきた。このわずかな希望の光が灯っている間に‥

朝日新聞(Asahi.com)

読売新聞(YOMIURI ONLINE)

背水の陣-語源由来辞書
スポンサーサイト

タグ : 背水の陣

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。