スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「国産」本当に安全ですか?

コマーシャルでもお馴染みの 「1本で1日分の野菜が取れる」なんていうドリンクがある。 

今日の朝日新聞のサイト(asahi com)に、この野菜ジュース類の多くは、「厚生労働省が推奨する1日の野菜摂取量350グラム」を下回る量の栄養素しか含んでいないことが名古屋市消費生活センターの実施した成分分析でわかったという記事が掲載されていた。
この「飲むだけで1日分の栄養素を摂取できるととれる表示に問題がある」として、消費者団体の主婦連合会が公正取引委員会と厚労省に実態調査をするように申し入れたらしい。 

この際、実施した成分分析は野菜100%ジュース16銘柄と果汁配合の19銘柄の35銘柄で実施され、五つの栄養成分の全てで目標値を上回った商品はゼロというものだった。
全成分で五つの栄養成分を下回ったひどい商品は13銘柄あったらしい。 

さらに、今朝のNHKニュースで、伊勢参りのお土産として有名なあの“赤福”が製造年月日を改ざんしていたらしい。

ミートホープや雪印のようなひど過ぎるものは、別としても、連日、このような報道がある。

企業の側も牛乳、乳製品のトップ企業だった“SNOW”ブランドの雪印が食中毒事件の影響で経営破たん、廃業に追い込まれた事実を思い起こしてほしい。

また、国際的な流れを受けて改正されたJAS法だが、「JAS」マークは、必ずしも安全を保証するものではないらしい。
日本語の曖昧さからわかり難かった「食品表示」が明確になったことはよいことだが、 輸入牛でも3カ月以上国内で飼育すれば国産牛と表示できたり、混入率5%以下ならば「組み換え作物不使用」と表示できるなど問題点も多い。

本当にこの国はどうなったのか? 
今まで、わからなかっただけなのか? 
中国産」やアメリカ産牛肉(BSE問題)だけじゃない、「国産」の食品だって本当に安全ですか? 

不安になる今日この頃です。


「1本で1日分の野菜」ジュース、35品が落第 (asahi com)

伊勢の「赤福」で製造年月日改ざんか (TBS Newsi)

追跡(改正JAS法)(四国新聞社)
スポンサーサイト

テーマ : 気になったニュース - ジャンル : ニュース

タグ : 国産 食品 安全 中国産 BSE JAS法

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。