スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カキの季節到来!_瀬戸内市

今日の山陽新聞に冬の味覚・カキの水揚げが19日、瀬戸内市邑久町虫明虫明湾一帯で始まったという記事が掲載された。
記事によれば、今年は海水温が高く、成育の遅れが心配されるが、実入りは上々とのこと。

カキといえば、寒い冬の土手なべが最高ですね! 
味噌味にプリプリのカキ‥‥ それに日本酒があれば、なお、よろしいですな‥‥ 待ち遠しいですな! ( ‥‥妄想していました)

店にも拠りますが、水膨れしたものや鮮度には、くれぐれもご注意あれ!

特に、鮮度の落ちたカキは、形が崩れていたり、つやがなく、白っぽく濁ったようになっているので、注意してください。

また、岡山では、カキのお好み焼き(“カキおこ”という)が近年(10年ぐらい前かな?)流行っています。
場所は、岡山県東部、備前市日生町(旧和気郡)です。
最初、私は地元の山陽放送(RSK)のお店を紹介する番組(Voice21)で知りました。
その当時は、まだ行列ができる程ではなかったのですが、他の放送局でも紹介され、年々、訪れる人が増えました。
店に拠りますが、有名店では、週末なら行列必至です! 
お好み焼きの具にカキを入れるというもので、至ってシンプルですが、カキのエキス(?)なんでしょうか、お好みソースと絶妙のバランスです。
ただ、季節ものなので、遠くから来られる方は、電話された方が無難だと思います。
こちらも、岡山の冬を代表する味になっています

プリプリ冬の味覚 カキ水揚げ始まる 瀬戸内虫明湾一帯

カキ食ばなし(栄養、おいしいカキの見分け方など)

カキお好み焼きHP
スポンサーサイト

テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

タグ : カキ カキお好み焼き 土手なべ 虫明 日生

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。