スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業廃棄物の有効利用へ新設備-美咲町の会社

日経ネットにDOWAホールディングスグループで廃棄物処理エコシステム山陽(岡山県美咲町、横田社長)は産業廃棄物の燃えがらを水洗いする設備を今年度中にも導入するということが掲載されていた。

その設備は、燃えがらに残る塩素を洗い流し、セメント原料として使いやすくするためのもので、投資額は約数千万円規模の見込みだということ。

エコシステム山陽は西日本各地で廃棄物を1日当たり650~700トン程度収集し、2基の炉のうちの1基分で、週3日処理している産業廃棄物分の一部を住友大阪セメントに原料として引き渡しているらしい。

現状でも燃えがらを水冷する過程で一定程度は洗い流せるが、約0.7%の塩素が残る。これを新設備の導入で0.1%への低下を目指すというものだ。

何か読んだだけでは、ピンとこないが‥‥‥!

ただ、この会社は、鉱山・製錬から発祥したので、産業廃棄物を処理するだけではなく、環境リスク管理を代替して、日本と地球の汚染防止を目指しているらしい。

製錬とは、金属元素が濃縮した地層(鉱床)から鉱石を採取し、物理的、化学的手法を使い、濃縮スピードを早め、有価金属として引き渡す事業だ。
そのため、大規模な自然の改変を伴い、環境汚染の発生源ともなりうる。
それゆえ、汚染防止や環境修復に最初に取り組んだ産業となったということ。

100年を超える歴史のなかで集積してきたこうした技術を、環境リスク管理の代替という形で社会に還元しているらしい。

こんな田舎に、このように高度な技術を持った会社があったんですね‥‥。

エコシステム山陽、産業廃棄物の有効利用へ新設備(日経ネット)

DOWAエコシステムの廃棄物処理事業

スポンサーサイト

テーマ : 環境問題 - ジャンル : ニュース

タグ : エコシステム山陽 美咲町 廃棄物処理

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。