スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスクラサンの収穫始まる-赤磐市

山陽新聞のWEBサイトに全国シェア9割以上を誇る赤磐市特産の西洋ナシ“パス・クラサン”の収穫が13日、赤坂地区で始まったという写真が掲載された。

香りがあり、まろやかな味の果肉に定評があるパス・クラサン。贈答用などとして、12月上旬に出荷するということ。

パス・クラサンはフランス原産で、重さ500~600グラムの大玉で、薄い黄色のごつごつした外観だということ。
しかし、外観とは対照的に、とろける舌触りと濃厚な甘みが特長。

明治時代に国内に導入されたが、食べごろの見極めが難しいため需要は伸び悩み、国内の本格産地は赤坂地区だけとなったということだ。

現在、7戸が約1ヘクタールで栽培しているらしい。

一度、食べたいですね!

 
「パス・クラサン」収穫始まる 赤磐(山陽新聞 WEB NEWS)

パス・クラサンとは

赤磐市 特産品・民芸品(果物)
スポンサーサイト

テーマ : 食に関するニュース - ジャンル : ニュース

タグ : パス・クラサン 西洋なし 赤磐市

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。