スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土地代20年間ただで田舎暮らしについて

茨城県大子町は23日、田舎暮らしを希望する人を対象に、無償で土地を20年間貸す現地説明会を開催、団塊の世代を中心に約600人が集まったという記事が掲載された。

この町は、茨城県の山あいに位置し、人口減少で悩んでおり、使っていない土地を生かし、人口増と経済活性化を狙う目的ということ。

土地は国の払い下げを受けた町有地の16区画で、1区画が約750~1745平方メートル。

農園付きの住宅用地で、借り手は家屋を建築し自由に使えるらしい。65歳以下で、定住か年間90日程度住むことが条件という。

現地説明会には、首都圏などの60歳前後の夫婦らに加え、子ども連れの若い世代の姿もあるという。

募集は12月28日までで、町が選考するらしい。


定年後の世代なら未だしも、若い世代となると一番の問題は、やはり仕事じゃないかと思います。

住環境は、最高だと思いますが、働く場所が限られている、給料が安い、病院が無い、店が少ない‥‥いろいろ考えるとちょっと、なんて人が多いのでは?

IT関連の仕事が増えたとはいえ、まだまだ一人でできる環境じぁないですよね!

在宅ワークと、ネットで調べても、「本当に信じて大丈夫かなあ?」なんて仕事が多そうだし‥‥(うたい文句はいいものばっかりですが)

社内や取引先との打ち合わせも電話、メールでできる時代、もっとスマートな働き方ができないかなあ!と思いますね。


土地20年ただで田舎暮らし 茨城・大子町が説明会 (徳島新聞WEB)


田舎で仕事(Blog)

スポンサーサイト

テーマ : お知らせ - ジャンル : ニュース

タグ : 田舎暮らし 茨城県 大子町

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。