スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご当地バーガー続々と誕生

地元産の野菜や肉、海産物をふんだんに使った“ご当地バーガー”が岡山県内で相次いで誕生している。

地産地消の推進にも一役買っており、製造・販売業者は新たな名物として定着を目指す。

イオンモール倉敷で、昨年11月、「倉敷バーガー」(580円から)が売り出された。
地元連島産レンコンのピクルスや桃太郎トマト、県産豚のベーコンなどを、白壁をイメージした白いパンではさむ。

さらに、蒜山高原のジャージー牛の肉を使った「ひるぜんバーガー」は昨年10月、米子自動車道下り蒜山サービスエリアのレストランで、運営会社の下津井電鉄が発売した。
460円から。「これ目当てにわざわざ立ち寄る観光客もいる」ということ。
1日50個限定。

また、瀬戸内の海の幸を生かした「牛窓バーガー」(350円)を開発したのは、海産加工品生産販売の中光商店。
ハンバーグの代わりに、地魚のすり身でむきエビをまとめ、アキアミの衣で揚げた天ぷらを使った。

全国的には、米国海軍基地の「佐世保バーガー」(長崎県)の人気で注目度が高まったご当地バーガー。

最近、カキオコブームで人が多くてなかなか店に行けない日生ですが。
日生町寒河の洋食店「快食屋くじらぐも」が日生で水揚げされたカキをふんだんに使った「カキのグラコロバーガー」を開発したということ(昨年、11月頃のこと)。
カキ入りのクリームコロッケをカレーソースで味付け、ライスで挟んだ。
果たしてカキオコに続く新名物となれるかな?

1個500円ということ、食べたいです。

岡山産のバーガーがどこまで定着し、残れるか今後が楽しみですね!


岡山県内で“ご当地バーガー”続々 新名物へ定着目指す(山陽新聞NWS)


食感楽しいカキバーガー 日生の洋食店が“新名物”開発(山陽新聞NWS)

スポンサーサイト

テーマ : ローカルネタ - ジャンル : ニュース

タグ : ご当地バーガー 岡山県

コメント

No title

備前福岡の市では 瀬戸内バーガー3兄弟が限定発売開始しましたよ~
ライスバーガーやベジバーガー 食材はほとんど瀬戸内市物!しかも無農薬や合鴨農法のお米など すごく良い感じ♪
3種類とも食べて 大満足!久しぶりに 美味しい本物のバーガーを食べました。お試しあれ
詳細はwaccafarm.exblog.jpのブログに載ってましたよ
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。